【光回線の料金を安くする裏技】通信速度が上がったうえ料金安くなった。

光回線の料金を安くする裏技 費用関連の成功

この裏技は、我が家の実例をもとにしています。

新築マイホームに入居した当時より、通信速度が上がったうえ、利用料金が1,000円以上安くなりました。

とはいえ、誰でも使えるとは言い切れません。また、新規契約時ではなく乗り換え時に使える方法です。

しかし、新規契約する方も覚えておいて損はありません。

乗り換えを前提に契約することで、後々に料金を安くできる可能性大だからです。

ぜひ、チェックしてしてみてください。

さっそく結論から!光回線の料金を安くできた裏技を4STEPで解説

裏技の手順
  • STEP1
    気にいった光回線を新規契約する

    まずは気にいった光回線業者と新規契約を結びます。キャッシュバックや月額料金など、条件の良いところを選びましょう。

    ※新規契約時から、料金を安くする裏技は使えないので注意。

  • STEP2
    違約金が発生しなくなるまで継続利用する

    契約後2年以内に解約すると違約金が発生するなど、縛り期間がある場合は、違約金が発生しなくなるまで継続利用します。

  • STEP3
    今より通信速度&料金が安い光回線業者を探す

    現在使っている光回線よりも、料金や通信速度で条件の良いところを探します。

    ネットではなく直接店舗に来店、または電話で相談できるところが望ましいです。

  • STEP4
    今契約中の光回線業者へ解約を申し込む

    別の光回線業者で条件の良いところが見つかったので、解約したいです。と伝える。

↑こういった流れで光回線業者の乗り換えをしようとしました。

すると、現在契約中の光回線業者が「値下げするので継続利用していただけますか?」的な交渉をしてきました。

クラハト
クラハト

ネットに掲載されている料金より、遥かに安い金額&好条件でした。

その結果
  • 通信速度100Mから1Gへアップ
  • Wi-Fiルーターのレンタル料(500円)が無料に
  • プロバイダ料金コミコミで、以前より1,000円以上値下げ

マジか!!と言うほど、オトクな料金&条件に。

ここまで条件がよくなったので、解約する理由がなくなり継続利用することにしました。

業者には悪いですが、あと1年ほどしたら、またこの方法を使ってみうようと考えております。

覚えておきたいポイント!光回線業者は、解約を引き止めるために値下げする可能性大

たぶんですが、解約申し込みをしてきた顧客には値下げしてでも引き止めろ!というマニュアルがあるのだと思います。

「最低○○円までは値下げしてもOKだから、解約は避けろ」的な…。

我が家だけでなく、友人も光回線の乗り換え時に値下げを持ちかけられているのでね。

光回線の利用料って、毎月4,000〜5,000円くらいします。しかも、業者間で顧客の奪い合いをしている業界です。

解約を逃れるための値下げは、普通に行われているのかと。

こういう情報って、知らないと損ですね。

光回線の料金を安くする裏技まとめ

  • 現在契約中の業者に解約を申し出ると、値下げしてくれる可能性大
  • 解約時には、条件の良い業者に乗り換えると伝えることがポイント
  • 料金面だけでなく通信速度もあげてもらうよう交渉しよう

光回線の料金は、解約を申し出ると値下げしてもらえる可能性大です。

顧客の奪い合いをしている業界なのでね。値下げしてでも、解約は避けたいんです。

最初に契約した業者で、ずっと同じ料金のまま使い続けるのはぶっちゃけ損ですよ。

光回線業者は、数年に一度は見直ししましょう。

ちなみにですが、私は東海地方に住んでいて、光回線はコミファ光を利用しています。

今、最大35,000円のキャッシュバックがあるので東海地方の方はチェックしてみてください。

⇒【最大35,000円キャッシュバック!】コミュファ光キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました