取り付けてよかった壁付けタイプの物干し!生活感が出ない&使いやすい

壁付けタイプの物干し マイホーム成功

新築マイホーム購入時、壁付けタイプの物干しを設置して正解!

  • どんなところが良かったのか?
  • デメリットはあるのか?
  • 値段はいくらするのか?

新築マイホームを購入して12年経過する我が家の例を紹介します。

壁に設置した我が家の物干し(ホスクリーン)

  • 1F物干しスペースの壁
  • 2Fバルコニーの壁

↑こちらの2箇所に設置しました。

1F物干しスペースの壁に取り付けた壁付け物干し

1F物干しスペースの壁に取り付けた壁付け物干し

窓の両側から飛び出てるのが壁付け物干しです。

壁付物干しを横からみたところ

手前から奥にある、5箇所の穴の好きな位置に竿を掛けられます。

スペース的に、洗濯物を干す竿は1〜2本までですね。

川口技研ホスクリーンHK型

壁付け物干しの角度は、4段階に調節できます。

  1. 上40°
  2. 水平
  3. 下40°
  4. 下向き

取り付けた壁付け物干しは、川口技研のホスクリーンHK型というヤツです。

2Fバルコニーの壁に取り付けた壁付け物干し

2Fバルコニーの壁に取り付けた壁付け物干し

バルコニーに壁に取り付けるタイプの物干しです。

バルコニーに取り付けた壁付物干しを収納したところ

収納時は、こんな感じ。

バルコニーのスペースがフルに使えるので地味に便利。

バルコニーの壁付物干し

高さは3段階に調節できます。

上の写真は、一番低い位置にセットした状態です。

壁付付け物干しを取り付けた壁

こういった感じで、壁に固定しています。

あとから自分で取り付けるとなると大変なので、新築時に業者に取り付けてもらったほうがラクですね。

ホスクリーンEP型

取り付けた壁付け物干しは、川口技研のホスクリーンEP型というヤツでした。

12年使ったわかった!壁付け物干しのメリット・デメリット

メリット
  • 使わないとき折りたたんで収納できる
  • 見た目がスマートなので生活感がでない
  • 強風に強い(壁付なので安定している)
  • 物干し台を別途買う必要がない
  • しいたけ・干し芋などを干せる
  • 脚付きでないので、つまづくことがない
  • バルコニーが広く使える
デメリット
  • 物干し竿を2本くらいまでしか掛けられない
  • 初期費用がかかる
  • 一度取り付けたら移動不可

壁付け物干しの値段はどのくらい?

1F壁に取り付けたホスクリーンHK型

物自体の値段は、8,400円ほど。

2Fバルコニーの壁に取り付けたホスクリーンEP型

物自体の値段は、14,000円ほど。

クラハト
クラハト

毎日使うものなので、値段的には許容範囲ではないでしょうか?我が家は12年間使っているので、もとは取れてます。

壁付けタイプの物干しは、いろんなメーカーのモノがありますが、川口技研というところのホスクリーンは耐久性がいいですよ。

我が家で使ってるのも川口技研のヤツです。

12年使って不具合なし。汚れはするものの、サビは出ていません。

あと10年は余裕で使えそうです。

その他のマイホーム成功体験を見たい方は「マイホーム成功」のフォルダをタップ
↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました