新築時に設置したポストの反省点&次にポスト設置するならこうするかな?

新築時に設置したポスト エクステリア失敗

新築の家に設置するポスト。

  • 設置場所はどこがいいの?
  • どんなタイプのポストがいいの?
  • 大きさはどのくらいがいいの?

ポストは毎日使うものなので、後悔しないようあれこれ考えを巡らせてしまいますよね。

そこで今回こちらでは、新築時に道路際にポストを設置して10年!

これまで、少なくとも3,000回以上ポストを開け閉めしてきた私が、我が家のポストの反省点・次に家を建てたらポストはこうする!などについて語っていきたいと思います。

我が家に設置したポストがコレ!

我が家のポスト

設置場所 道路際
ポストのタイプ 上から投入・横開きで取り出し
ポストの大きさ 横:390mm
縦:380mm
ホワイト
ポストの素材 ステンレス
価格 ポスト本体:50,350円
取付工事費:3,000円
メーカー マックスノブロック社
(ドイツ製)

道路際にある門袖へ取り付ける形で設置しました。

なぜ、道路際にしたのか?

エクステリア業者がいくつか提案してきた中で、門袖に取付けたポストが一番カッコよかったから。
ポスト設置の提案図
見た目で決めたった感じです。

ちなみに写真のポストは、設置して10年経過してますが状態は良好。

  • 色あせなし
  • サビなしト
  • 壊れることもなし

価格は高かったけど、品質は最高です。

ポストを道路際に設置したことによる反省点

道路際に設置したポスト

ポストが雨ざらしになるため、掃除しないと汚れる。

とくに北向き玄関だと、コケが付きます。

雨ざらしのポスト

また、ポスト付近にシンボルツリーがあると、葉っぱや鳥の糞で汚れることもありますね。

掃除すればキレイになりますが、雨に濡れない場所に設置するより、掃除回数は増えるでしょうね。

ポストを掃除

ちなみに我が家は年に1回くらいしか掃除しません…。(怠け者)

上から投入・横から開けるタイプのポストの反省点

ポストのタイプ(横開き)

我が家のポストは、上から投入・横から開けるタイプです。

横開きタイプのポストの欠点は、レバーをしっかり閉めないと風で全開おっぴろげ〜になってしまう可能性があること。

帰宅したときに、何回かポストが全開に…!なんてことがありました。

私の閉め方が甘かったのか?
配達した人がレバーを開けたのか?

わかりませんが、レバーをひねるだけで開閉するポストはオススメしません。

ポストの鍵

横開きタイプのポストにするなら、鍵をかけないとダメです。

ポストのサイズにおける反省点

ポストのサイズ

縦:38cm
横:39cm

ポストとしては中間くらいの大きさです。

しかし、もうワンサイズ大きくしとけばよかった…。と反省。

ポストのサイズ②

縦は、A4雑誌がちょうど入る大きさ。

ポストのサイズ③

8冊ほど雑誌が入ります。

でもね、ポスト内がパッツンパッツン!になることあるんです。

例えば…
  • A4ダンボール箱で配送してくる通販商品
  • 書籍1冊
  • 分厚いカタログ
  • チラシ類
  • 郵便物

これらが一緒の日に送られてくると厳しい!

ポストに入り切らなかった場合、直接手渡ししてくれるのですが、留守のときは、無理くりぶっ込まれることがあります。

なので、ポストは余裕を持った大きさがマルです。

2日間留守しても、ポストがいっぱいにならないくらいがベストかな。

私が考える理想のポストとは?

  • 暗証番号ダイヤル式
  • ステンレス製
  • A4雑誌15冊くらい入る大きさ
  • シンボルツリーの近くに設置しない
  • 横開きじゃないポスト

もしも次に家を建てたなら、どの位置にどんなポストを設置する?と聞かれた場合、私ならこんなポストにします。

まとめ:ポストは長く使うもの!デザインだけでなく、防犯・機能性・汚れない場所の設置を意識しよう。

我が家のポスト

新築の家にポストを設置する場合、見た目のカッコよさを重視しがちです。

でも、ポストは毎日使うものであり、大事な郵便物や荷物を保管する場所。

なので、他人にポストを開けられない防犯対策、荷物があふれない大きさ、使いやすさ、汚れない場所に設置することを意識すると失敗しづらくなります。

ただ、エクステリア業者で注文&設置してもらうと、値段がバカ高くなります。

もし、ポストくらいだったら自分で取り付けるよ。という方は、Amazonとかで購入して自分で取り付けたほうがぶっちゃけお得です。

2〜3万円くらい節約になりますよ。

⇒Amazonの売れ筋ポストランキングを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました