【新築マイホーム】家具・家電の購入はクレジットカードを使わないと損!

マイホームに関してお金の計算をしている写真 費用関連の失敗

新築マイホーム入居時に、結構な数の家具・家電・雑貨などを購入しますよね。

その支払方法なんですが、クレジットカードを使わないと損です。

  • 現金払い→ポイントなし
  • クレカ払い→ポイントが付く

こういった違いがあるからです。

我が家の場合、家具や家電やらで807,951円かかりました。

家具・家電・雑貨の購入したリスト

サイクルポートやウッドデッキも入れると、100万円オーバーです。

これ、全部クレジットカードで支払っていればポイントがザクザク貯まっていました。

なのに、一部を銀行振込や現金支払いにしていたため、今更ながら後悔しています。

もし、これから家具・家電・雑貨を購入するなら、絶対にクレジットカード払いしたほうがオトクですよ。

クレジットカード払いすると、購入金額に応じてポイントが貯まる!

クレジットカードのポイントをGETして喜ぶ女性

ほとんどのクレジットカードには、ポイント還元制度があります。

100円の買い物に付き1ptもらえる。みたいなヤツです。

同じ金額を支払うにしても、銀行振込や現金払いだとポイントはゼロ。

でも、クレジットカードで支払えばポイントが付きます。これって、すごいことですよね。

クラハト
クラハト

支払い方法をクレジットカードに変えるだけで、ポイント分を得するわけですから。

新築マイホームを建てたあとのあらゆる買い物は、クレジットカード払いしないと大損ですよ。

クレジットカードの還元率は、どのくらいか?

標準的な還元率 0.5%
高還元率 1.0%以上おすすめ

クレジットカードの還元率は、0.5%が標準的。1.0%以上あると、高還元率カードなんて言われてます。

たとえば
  • 100円の利用ごと1ptがもらえる
  • もらった1ptの価値は1円相当

こういったクレジットカードは、還元率1.0%。つまり、高還元率カードです。

もし100万円分の買い物を還元率1.0%のクレジットカードで支払えば、1万円分のポイントが付くわけです。

そういった意味で、還元率1.0%以上の高還元率カードで高額の買い物をするのは超オトクになります。

支払うだけで、1.0%還元されるので。

還元率1.0%以上のクレジットカードでおすすめなのは、楽天カード

楽天カード

項目 内容
年会費 ずっと無料
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント 楽天ポイント(1pt=1円)
ポイントが使える場所 楽天市場・楽天トラベル・ファミマ・セブン・ツルハドラッグ・杏林堂・サンドラッグ…他多数
⇒使える場所すべて見る
還元率がUPするとき
  • 楽天市場での利用:ポイント最大3倍
  • 楽天市場で毎月0と5のつく日:ポイント5倍
  • 楽天対象サービスの条件達成時:ポイント最大16倍
ポイントの有効期限 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
電子マネー 楽天Edy(入会時に申し込める)
カードブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行保険:-
追加カード
  • 家族カード:年会費無料(最大5枚まで作成可)
  • ETCカード:年会費550円(ダイヤモンド・プラチナ会員は無料)
カードランク 一般
申込資格 18歳以上の方(高校生は除く)
利用限度額 最高100万円
  • 年会費ずっと無料
  • ポイント還元率1.0%
  • 楽天市場でポイント最大3倍
  • 使い勝手の良い楽天ポイントが貯まる
  • 新規入会&利用でポイントのプレゼントがある

家電・家具・雑貨・インテリア関連の商品を楽天市場で楽天カードを使って支払うと、ポイントが最大3倍になります。

つまり、10,000円の支払いで300円相当のポイントがもらえるという超高還元率に!

楽天市場以外の買い物でも、1.0%のポイント還元です。

さらに、楽天カードに新規入会&カード利用で以下のポイントがもらえるという特典もあります。

現在の特典内容

良いところばかりお伝えしましたが、デメリットがないわけではありません。

唯一のデメリットは、ステータス性がないこと。

庶民的なカードなので、高級レストランや高級ホテルで使うと少し恥ずかしいかも…。ということ。

でも、これから新築マイホームを購入するなら、ポイントを稼いで節約できる楽天カードが圧倒的におすすめです。

年間費無料なので、維持コストはゼロ円。審査も難しくないので、申し込みだけでもしておくといいですよ。

新規入会&利用で5,000ptプレゼント!楽天カードの公式HPへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました