部屋干しに最適!天井から吊り下げる物干し「ホスクリーン」を設置して正解

ホスクリーン マイホーム成功

天井から吊り下げるタイプの部屋干しアイテム「ホスクリーン

これが便利すぎ!

新築マイホームを計画中なら、絶対におさえておきたいアイテムですよ。

我が家では、新築マイホーム購入時から12年間 毎日使用しております。

天井から吊り下げるタイプの部屋干しアイテム「ホスクリーン」とは?

寝室に設置したホスクリーン

天井にワンタッチ装着可能なポールを取り付け、ポール先端の輪っかに物干し竿を通して使う部屋干しアイテムです。

天井に設置したホスクリーン

天井に設置したホスクリーン。

ホスクリーンを外すところ

押し込んで左にまわすとポールが外れる。右に押し回すと天井に固定できる。

ホスクリーンを取り外したところ

女性でも、かんたんに取り外し可能。

取り外したあとのホスクリーン

取り外せば天井にはポッチしか残らないので、使わないときはお部屋がスッキリ!

ホスクリーンを設置した3つの場所

  1. 洗濯機が置いてある脱衣所
  2. 外干しする場所に面した部屋
  3. 2Fの寝室エアコン前

1箇所ずつ見ていきましょう。

①洗濯機が置いてある脱衣所

脱衣所に設置したホスクリーン

洗濯機から洗濯物を取り出し、そのままホスクリーンへ洗濯物を干せるので超・超・便利!

脱衣所に設置したホスクリーンアップ写真

タオル、洋服・ズボン、下着…などなど。洗濯した後は、とりあえずホスクリーンへ全部かけます。

すべての洗濯物をかけ終わったら、外干しの場所まで運ぶという使い方をしています。

脱衣所に置いた除湿機

雨の日は、ホスクリーンにかけて除湿機をまわしています。

洗濯物を運ぶ手間もないので、ラクラク。

②外干しする場所に面した部屋

和室に設置したホスクリーン

縦型ブラインドカーテンの向こう側は、洗濯物の外干し場です。

そのすぐ内側にホスクリーンを設置しました。

外に干した洗濯物を取り込むとき、一時的にホスクリーンへかけられるので便利。

また、この部屋は和室です。畳のうえで洗濯物を畳めるので、使い勝手も抜群です。

③2Fの寝室エアコン前

寝室に設置したホスクリーン

2F寝室のエアコンの風があたる場所に設置しました。

緊急で乾かしたい洗濯物があるときや、シーツや毛布を雨の日に洗ったときなどに使っています。

夏は冷房の風、冬は暖房の風をあてると、3時間とかで乾くので重宝しています。

早く乾かすコツは、部屋の扉や窓を少しあけて空気の流れを作っておくこと。部屋から湿気が出ていくので、すぐ乾きます。

寝室のホスクリーンとバルコニー

バルコニーに面した場所に設置したので、バルコニーで干した洗濯物を取り込み、そのままホスクリーンへかける使い方も時々しています。

ホスクリーンを設置するメリット・デメリット

メリット
  • 部屋干しする場所に困らない
  • 好きな場所へ取り付けられる
  • スペースをとらない
  • ワンタッチで着脱可能
  • 錆びない&頑丈
  • 小さい子どもがいても、天井吊り下げ式なので脚につまづいたりしない
  • 部屋干ししても、見た目がカッコいい
  • よく着る洋服や次の日に着る洋服をかけておける

部屋干しには欠かせないアイテムですね。

デメリット
  • 値段が高い
  • 天井にポッチを取り付けることになる
  • 後付けの場合は設置が大変

値段はモノ自体で7,000円ほどするので、住宅メーカーに設置依頼すると1箇所あたり1万円以上はします。

ホスクリーンに関するQ&A

ホスクリーンは何kgまで耐えられる?
8KgまでOKです。(我が家に取り付けたホスクリーン)
落下したりする危険はありませんか?
12年使っていて、一度も落下したことはありません。頑丈です。
天井が高いのですが、設置できますか?
ロングサイズがあるので、対応できます。

最後に

ホスクリーンは、設置しておいて損のない部屋干しアイテムです。

  • 洗濯機のある場所
  • 外干ししてある場所の近く
  • エアコンの風があたる場所
クラハト
クラハト

↑ここに設置すれば、洗濯物干し&取り込むがラクになりますよ。

その他のマイホーム成功体験を見たい方は「マイホーム成功」のフォルダをタップ
↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました